スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高宮神奈備祭

高宮神奈備祭(たかみやかんなびさい)

秋季大祭を締めくくる神事「高宮神奈備祭(たかみやかんなびさい)」が、かがり火とちょうちんの明かりが揺らめく中、大社で最も神聖な場所とされる、「高宮祭場」で、午後6時から、開始されました。

神職さんら凡そ、50人が参列、一般見学参列者、1000人が、見守る中、宮司さんの祝詞、古歌の斉唱に続き、太宰府天満宮(同県、太宰府市)から招いた巫女(みこ)さんの、厳かな「悠久の舞」を舞うと、祭典を見守った観衆は、悠遠のいにしえより、この地でお祭祀が行われ、以来、現在も古式にのっとって、敬虔(けいけん)な、祈り、舞が、捧げられる、幻想的な神事、古代ロマンの世界へ、誘われました。

FH000019a.jpg


舞の奉納にを加え、大祭の無事、終了を感謝し、みあれ祭で、お迎えした、沖津宮 田心(たごり)姫神 様、中津宮 湍津(たぎつ)姫神 様を、お送りする神事が、厳かに行われました。

神奈備祭詳細へJMP

スポンサーサイト

テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

500隻の漁船が、海上パレードする、宗像大社秋期大祭「みあれ祭」

◆ 宗像大社 秋の大祭・「みあれ祭」

宗像大社の、秋季大祭に、先立ち、宗像大社沖津宮、宗像大社中津宮の、神迎えが、行われます。

750年前から、続いています、この神事は、宗像大社の3女神である、沖の島の沖津宮の、田心姫神さま、大島の、中津宮の、湍津姫神様を、辺津宮の、市杵島姫神様が、神の湊、沖合まで、御座船で、出迎えられ、1年に1度、3姉妹の、姫神様を、田島の、辺津宮(宗像大社)へ、お迎えする、儀式です。 五穀豊穣、海上安全を、祈願する、「秋の大祭」が、このみあれ祭を機に、開催、スタート致します。

神の湊港、10:30 神迎え神事に、出迎えの観客、北側防波堤上、新波止防波堤上、突堤、近隣の、神の湊海岸、サツキ松原海岸は、人、人で埋まりました

「みあれ祭」海上をパレードする船団

宗像7浦の漁船、約 500隻以上が、色とりどりの、大漁旗、幟を、はためかせながら、玄界灘をパレードいたします。

神の湊の、沖合は、御座船、随行の漁船、各組合の、船団の、船・船・・船・・・で、埋め尽くされます、それはそれは、豪快です、船団の、走り回る船の、様・様・様・・漁船のエンジン音・汽笛の音・花火の音、船団を出迎える、皆さんの大声・拡声器の音・伴奏音楽の音・これを取材する、ヘリコプターの音(本日、船団の上を5機飛んでいました)、これは、本当に、すごいです、想像を遙かに超えた、強烈です、感動します。

日常、目の前の玄界灘が、狭く感じるはずは、ありませんが、今日1日は、この、広い、玄界灘の海上が狭く、感じる壮大な、一瞬でした。

厳かな、神事の中ではありますが、映画の、スクリーン上の出来事みたいな、現実離れした、幻想的な、壮大な、感動を、味わえます。

テレビ出演で知られている、 吉村作治 早稲田大学 教授 (エジプト考古学研究所所長)も、来ておられました。

関連頁を、下記に、Link張っておきます、どうぞ訪問下さい。

宗像大社みあれ祭

テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

カレンダー
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

たうん宗像

  • Author:たうん宗像
  • たうん宗像 Blog's
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

光り輝くダイア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。