スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西郷川花園のハナナ(寒咲き菜)

「下」 西郷川花園のハナナ(寒咲き菜)

ここは、西郷川花園、休耕田を活用し、毎年約13000m2 に、季節の花を植えている、市民広場です。
この時期は、一面、黄色の絨毯、ハナナの季節です、仕事で、外出した帰りに立ち寄ったため、夕刻の時間だったため、 見に来ている人は少なかったですが、今が満開です。

hanana

「下」 グウーッと寄ってみました。

花菜

「下」 庄助ふる里村園内、市民農園エリアの、ハナナ(寒咲き菜)
例年、市民農園エリアの、15000m2に、約16万本を、咲かせておりますが、本年は、意外と少なく、農園の、一面のみで少ないです。
本日は、3月下旬相当の、温かい日中でした、盛んに、ミツバチが、密を、集めに、飛び回っていました。

花菜に蜂

スポンサーサイト

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

青軸(あおじく) ただ今満開

「下」 青軸(あおじく) ただ今満開 かすかな青白さを持ったこの花は、 清楚な感じで気品を感じます。

青軸(あおじく)

「下」  この種類は、花が、枝にびっしり付いており、半端ではありません。梅園の、 このエリアが、真っ白な、小山に見えます。

青軸(あおじく)

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

月輪(げつりん) ほぼ満開状態です。

「下 2枚」 月輪(げつりん) ほぼ満開状態です。

月輪(げつりん)

月輪(げつりん)

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

チロリアンデージ

「下 2枚」 チロリアンデージ
近くの公園の、花壇のチロリアンデージ、菊科の花だけに、花弁の数が、半端な数ではありません、花期が長く、この時期色鮮やかな花です。

チロリアンデージ

チロリアンデージ

「下 2枚」 公園の花壇の、チロリアンデージと、一緒に植えられていましたが、花芯部分が、少し変わった、形状をしており、 同じ品種でしょうか?。

チロリアンデージ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

花冠の中を千鳥が飛んでいる風情。

「下」 紅千鳥 花心部のクローズアップ。

紅千鳥

雄しべの先端の、葯に相当する部分の、弁化部分、幼弁化しつつある様子、これを千鳥と見立て、 花冠の中を千鳥が飛んでいる風情があると、記述したのでしょうね。いい表現をした物だと感心しています。

紅千鳥

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

花冠の世界の千鳥?紅千鳥

花冠の世界の千鳥?紅千鳥

「紅千鳥は、紅梅系の園芸品種です。花色は、濃い紅色で、弁化した雄しべがあり、花弁の中に、 千鳥が飛んでいるような風情があります」 と言う解説があります。

確かに、この種は、シベの長さが大変長く、千鳥が飛んでいる風情 は、 なんとなく想像できましたが、

物好きも手伝って、「弁化した雄しべ」 とは、どんな風になっているのか、 興味を引き、大部探しましたが、なかなか適当な、サンプルを探しきらず、忘れかけていました。
本日、撮影中に、それらしき姿を、偶然見つけました、これかーっと思い、撮ってきました。

「下」 紅千鳥の、花の後方部から撮影、雄しべの先端の、葯に相当する部分が、幼弁化しているのが見えます。

紅千鳥

「下」 花の斜め前方から撮影、雄しべの幼弁化、花弁最下部の2枚の、花弁化している舌状花が確認できます。
ただ、雄しべの、長い花糸の部分が、徐々に広がって、舌状花になるのか、花芯部までの、花糸の行方はどうなるのか、 どうでも良いことではありますが、今シーズンさんざん撮影した、可愛い花ゆえに気になります。

この雄しべの花弁化した幼弁を、千鳥と見立てたのかも知れません。
昔の人の、形容の表現に、頭が下がります。

紅千鳥

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ハウスガーデンの寄せ植え

「下」 グローバルアリーナ、クラブハウスサイドの、ハウスガーデンの寄せ植え、デージー、桜草、ガザニア?、苔をアレンジして、 こんなガーデニングも良い感じ。

寄せ植え

 

デージー

 

桜草

 

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

鎮国寺の熱海緋寒桜

鎮国寺の熱海緋寒桜

お天気が、今ひとつすっきりしませんでしたが、久しぶりの好天気、お花の名所は、どこへ行っても、この陽気に誘われてか、 行楽客が、急に増えた感じが致します。駐車場が、どこへ行っても満車に近い状態です。

境内では、いち早く、寒梅、淡紅梅と、開花していますが、熱海緋寒桜が、例年より大分早い、ペースで、開花です、ただ今3分咲き。
駐車場より、参道の間は、露店が並び、お花の名所でもあることから、参拝を兼ねた参拝客+行楽客で、賑わっていました。

熱海緋寒桜

 

熱海緋寒桜

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

枝垂れ梅

枝垂れ梅
遅れていました枝垂れ梅も、ようやく開花し始めました、例年の写真から見ると、3分咲き位でしょうか。

枝垂れ梅

 

枝垂れ梅

藤牡丹枝垂れ こちらも3分咲き。

藤牡丹枝垂れ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

管内で決まって開花の口火、宮地岳神社の緋寒桜

宮地岳神社の緋寒桜

宮地岳神社の緋寒桜、毎年、管内で、決まって、開花の口火を、開くのが、この木ですが、今年も早々と、 開花の情報が入り撮ってきました、本殿横から、奥の院道への、参道の途中の、この木のみが開花です。
未だ、紅色の発色が、そろって無く、未だ幼い感じを持ちます。

桜の花は、梅以上に、華やいだ雰囲気を、かもし出して、人を引きつけます、この角度からでは写っていませんが、携帯で撮る人、 コンデジ、一眼レフカメラで撮る人、色々、この一瞬でも、50人近くがこの木の回りにいたようです。

緋寒桜

 

緋寒桜

例年、野点の、行事が開催される、本殿前の、有名な緋寒桜は、つぼみが堅く、開花の兆候は、全く感じませんでした。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

山田地蔵尊 増福禅院の梅

山田地蔵尊 増福禅院の梅

「下」 菊姫伝説ゆかりの寺として有名な、禅宗の、山田地蔵尊 増福禅院 境内の、寒紅梅、木の本数は少ないですが、 手水舎横の寒紅梅、8分咲き。

寒紅梅

「下」 鎮国寺境内、売店裏の寒紅梅、6分咲き。

寒紅梅

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

鎮国寺 淡紅梅 6分咲き

「下 2枚」 鎮国寺 淡紅梅 6分咲き

鎮国寺境内 洗心公園上の、売店横の淡紅梅、5分咲き、大部色ずいて来ました、早咲きの八重寒紅梅、及び寒紅梅よりも、花弁に、 肉厚感が有り、ふっくらした感じがあり、色も淡いため、ソフトなイメージです。

ここはいつも、大勢の、カメラマンの姿を目にします、今日は、ローカルの写真愛好会のグループが来ていて賑やかでした、こっそり、 側で、耳をダンボにして、撮影雰囲気を味わってみました、やはり勉強になりますね、

その中に、2名、重そうな、鏡筒の長さが、40cmもありそうな、広角超望遠レンズ装着の、カメラを持って来ている人がおり、 目を引きました、マクロレンズに偏らない、広角超望遠レンズの描写性、ボケ効果、どんな写真が撮れるのか、一度経験したい思いでした。

淡紅梅

 

淡紅梅

「下」 この淡紅梅が、一番開花が進んでいるように見えます、駐車場奥の、桜美苑 御室桜エリアの、一角の、淡紅梅、 まだまだ5分~6分咲き。

淡紅梅

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

梅園の梅 八分咲きから→満開 今が見頃

梅園の梅 八分咲き→満開 今が見頃

「下」 未開紅 昨日現在、八分咲き (2月8日撮影)

未開紅梅園

「下」 八重寒紅梅 現在、満開 (2月8日撮影)

八重寒紅梅梅園

「下」 青軸 現在、八分咲き (2月8日撮影)

青軸梅園

広大な、園内には、全本数は判りませんが、12品種の梅が、有ります、その内、上記3品種が、ほぼ満開に近い状態です、 鹿児島紅と、紅千鳥も、数日中に、これに近い状態になると思われます。

全く開花の様子がない品種が、豊後です、とは言え、ようやくツボミが、膨らみを感じますので、もう暫くの様です。

園内には、ほのかな、梅の良い匂いが、漂っております。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ユキヤナギ

「下」 ユキヤナギ

3月~4月頃に開花の、ユキヤナギが、この時期に開花していました。葉が、柳の葉に似て、細長く、枝いっぱいに、白い花を咲かせ、 その名前の由来は、雪が、積もったように見えることからと、言われます。

宮地岳神社自然民家村園内、古民家の庭に咲いていますが、昨日現在は、パラパラと、数輪が、開花して、数えるくらいです、 しかし満開時期は、群生していますので、それは見事です。この花1輪の、花冠径、凡そ7~8mm、細い枝に、房状にびっしり咲きます。

ユキヤナギ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

「下」 寒咲きアヤメ

「下」 寒咲きアヤメ

鎮国寺境内には、大部前から、この花が、咲いているのに気が付いていました。
アヤメの狂い咲きくらいにしか見ていなかったのですが、それにしても、あっちこっちにたくさん咲いております、アヤメにしては、 背丈が低いなーっと、何気なく撮って来ました。

検索で調べましたら、寒の内の時期に咲くアヤメ、寒咲きアヤメと言う種類だったみたいです。
この種類は、花の背丈は、葉っぱよりも低く、葉っぱに埋もれてしまう感じです。
花だけ見ると、私には、5月頃に咲くアヤメと、区別が付かない位同じに見えます。

寒アヤメ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

葉ボタン

「下」 葉ボタン

葉ボタン 庄助ふる里村 園内、催し物演台前の、葉牡丹、正面の建物は、園内管理事務所 もやいの家。

葉ボタン

 

葉ボタン

 

葉ボタン

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

春の便り スイセン花盛り

「下」 春の便り スイセン花盛り

宮地岳神社の境内の、あちらこちら、春を告げる花、水仙が咲いています。
昨日は、久しぶりの好天に誘われてか、芝生公園、及び、公園内、芝生エリアでは、ブルーシートを広げ、弁当持参の、行楽客の、 光景をたくさん目にしました、春近しの感じ。

スイセン

 

スイセン

「下」 鎮国寺境内で発見、シベ以外、真っ白のスイセン、滅多に目にしないので撮ってきました。

スイセン(白)

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

カランコエ(紅花・黄花・白花)

「下」 カランコエ(紅花)

弁慶草(べんけいそう)科、カランコエ属、マダガスカル島を中心とした、熱帯地方原産
茎先に、小さな4弁花を、多数集合させて、咲かせる、多年草の、非耐寒性多肉植物です。花色も豊富で、 最近では八重咲き品種も登場しています。

撮影場所は、宗像市ふる里村園内花ハウス(温室)ですが、なぜか、花冠に、水滴が残っています、通路を確認すると、 濡れていることから、少し前に散水した直後だったようです。

陽の光の反射が撮れるのではと、角度を色々変えてみました、ハウスの通路で、陽が当たっているわけでもなく、ただ乱反射で、 明るいだけの、空間では、期待した陽の光の反射は、撮れませんでした。

カランコエ

「下」 カランコエ(黄花)

カランコエ

「下」 カランコエ(白花)

カランコエ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

日向みずき 花芽・ヘクソカズラ 実・コブシ 花芽

日向みずき 花芽・ヘクソカズラ 実・コブシ 花芽

「下」 日向みずき 蕾
満作(まんさく)科、トサミズキ属、穂状花序を持つ、日向みずき、3月に入ると、かわいい、黄色の花を、下向きに咲かせます。
細い枝が、よく分岐して、ブッシュ状になり、同属の「土佐水木」「支那水木」よりも、小型で半球状の姿にまとまり、 公園の一角で良く見掛けます。

日向みずき 蕾

「下」 コブシの花芽
木蓮(もくれん)科、モクレン属の、同じ仲間のハクモクレンと、花芽も、花も、区別が付かないくらい、大変似ており、心持ち小振りです。
ちなみに、ハクモクレンとの違いは、コブシの花の、花床の下には、小さな葉っぱが、付いている事と、花冠が全開して咲くことくらいです。

コブシ冬芽

「下」 屁糞蔓 (へくそかずら)の実
花は、意外と可愛く、小さな白い花を咲かせます、気の毒な、名前を、付けられていますが、枝や、葉や、実を、揉むと、 悪臭があると聞きます。
ひどい目に遭うのは嫌なので、試しに、実をつぶさず、そのままそっと、臭ってみましたが、臭いは感じませんでした。

ヘクソカズラの実

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ハクモクレンの実・やぶらん(藪蘭)の実・松の冬芽

ハクモクレンの実・やぶらん(藪蘭)の実・松の冬芽

「下」 ハクモクレンの花芽。
白い清楚な花で、いい匂いの、人気の白木蓮 (はくもくれん)、花びらの幅が広く、厚みがあり、花は上向きに、半開き状に咲き、 お馴染みの、花の花芽です。
コブシの木の花芽が、近くにありますが、ハクモクレンの方が、一回り大きい感じですが、見分けが付かないくらい、同じ形状の、 産毛の花芽です。この寒空の下、自然は、春に向かって、一歩一歩近づいています。

ハクモクレン蕾

「下」 やぶらん(藪蘭)の実、あの愛らしい、小さな、可憐な花の、実は、真っ黒、
花の可憐さに対して、似つかない真っ黒い実。

やぶらん(藪蘭)の実

「下」 松 松ぼっくりの実かも?

松の冬芽

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

シュクコンカスミソウ(宿根霞草)

シュクコンカスミソウ(宿根霞草)

「下」 シュクコンカスミソウ(宿根霞草)
中央アジア原産、撫子(なでしこ)科の、カスミソウは、一般には、純白の、一重咲きの、かすみ草を、指す様ですが、ここの花は、 わずかにピンクが混じった、八重咲き宿根霞草です。

かすみ草

「下」 エラチオール・ベゴニア
ベゴニアは品種が多く、花が大きく、花が、たくさん付くので、豪華な感じがします。色も、ピンク、白、黄色と豊富です。
ベゴニアは、西ドイツの、オットー・リーガー氏によって、改良が進み、病気や、暑さに強い、品種が作り出されてから、 盛んに栽培されるようになり、リーガース・ベゴニアとも、呼ばれているようです。

エラチオール・ベゴニア

「撮影場所」 近所の、ホームセンター温室

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

真っ赤な新芽 ドウダンツツジ

真っ赤な新芽 ドウダンツツジ

ツツジの種類は大変多く、3300種近くあるようです。その中の一つ、ドウダンツツジ属は、中国、日本、ヒマラヤなど、 東アジアに、10数種、日本に四種が分布する、落葉低木です。

公園や、生け垣など、鑑賞用にも、人気が高く、広く使われいます。
開花時期は、4月~5月、スズランに似た、可愛い、白い壺形の、小花を枝先に、下垂させて咲かせます。

この白い小花を、夜空の星に見立てられ、「満天星躑躅」と書く様ですが、古くは、「灯台躑躅」とも言われたようです。

「下」 この遊歩道に、紅い花を、咲かせる花が、植わっていたかなっと、勘違いをさせる、花に見える、花壇縁側生け垣の、 ドウダンツツジ。

「下」 花の花芽に見える、ドウダンツツジの葉芽、
細かく分岐した枝の先に、集まって互生している葉芽、4月~5月、スズランに似た、可愛い、白い壺形(写真右下)の、小花を枝先に、 下垂させて咲かせます。
開花前に、この葉っぱを、展開させ、開いた、この葉っぱの、紅葉は素晴らしく、ドーダンモミジと言われるほど、見事な、紅葉の光景を、 見せてくれます。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

未開紅 六分咲き

「下」 未開紅
淡紅花を付ける、豊後系の園芸品種で、開花の時、1~2弁開き遅れる性質があり、名前の由来の様です。

園内には、野梅系五品種、紅梅系二品種、豊後系四品種、計11品種が、植わっております。
中でも、1番開花の早いのが、八重咲き寒紅梅種で、満開、
次に、開花が進んでいる種類が、この未開紅で、六分咲きくらいでしょうか、
柔らかい色合いで、気持ちを和ませてくれます。

未開紅

未開紅

よく目立つ鹿児島紅(かごしまべに

「下」 鹿児島紅 野梅系の園芸品種、花は遅咲きで、八重咲きの中輪種、花色は真紅に近い、濃紅色で、花糸も濃紅色になります。
大部開いてきました、三分咲きくらいでしょうか、色が濃いいので、よく目立ち、鮮やかです。

鹿児島紅

「下」 紅梅は、斜め下、うつむき加減に、花を咲かせますが、この花は、上を向いていましたので、珍しいので撮ってきました。

鹿児島紅

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

3分咲き 青軸

「下」 3分咲き 青軸
野梅系の中で、枝や萼が、緑色の青軸性と呼ばれる、品種群の一つです。花は、青白色で中輪一重咲きです。
大部咲きそろってきました、3分咲きくらいです。
青みがかった白色は、大きく一重咲きで、 上品な感じで、気品を感じさせます。

青軸

青軸

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

青白色 中輪一重咲き 青軸

「下」 青白色 中輪一重咲き 青軸

野梅系の中で、枝や萼が、緑色の青軸性と呼ばれる、品種群の一つです。花は、青白色で中輪一重咲きです。
まだまだ、ちらほらで、二分咲きくらいでしょうか。
八重咲きの梅も良いですが、青軸の、青みがかった白色は、大きく一重咲きで、気品を感じさせます。

青軸

青軸

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

白加賀一輪

「下」 白加賀

白加賀は野梅系の園芸品種で、実梅用として、全国的に、栽培されている代表種で、花は一重白色の単弁の大輪です。
数ある株の中に、唯一、一輪、開花しているのを、見つけ、撮ってきました、幼い花弁の勢か、しっかり伸びきっておりません。

白加賀

ツボミも硬く、開花進行中の数も、あまりありません、その中のいくつかの一輪、今一歩です

白加賀 ツボミ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

八重寒紅梅 8分咲き + 朝起きたら銀世界

「下」 八重寒紅梅

野梅系の園芸品種です、花は、八重咲き、色は、濃い紅色です、花弁は、波打ち、萼は、濃い焦げ茶色です、12月中旬頃から、 咲き出す、早咲きの品種です。
遠くからでも、八重寒紅梅エリアが、紅く色づいているのがはっきり判ります、ほぼ八部咲きくらいでしようか、 数日中には満開の見込みです。

八重寒紅梅

花弁が、くしゃくしゃしている感じですが、色合いが、紅く濃い為よく目立ちます。

八重寒紅梅

「下 朝起きたら銀世界」 今年は、全国的に、雪が少なく、生活には、有り難いことで、助かっていますが、久しぶりの寒波で、 朝起きたら昨夜からの雪で、真っ白な、銀世界でご覧の状態でした。
雪国の方には、申し訳有りませんが、久しぶりの大雪で、何となく、はしゃぎたくなる気分です。

雪

高速道路、都市高速の通行止め、峠、山間部のチエーン規制、一般道路の大渋滞等、朝から、リスナーからの、携帯からの投稿で、 ラジオの大雪のNewsが賑やかです。
今日は、スリップが怖いので、出掛けるのは、止しにしたいと思います。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

鎮国寺の淡紅梅

「下 三枚」 鎮国寺の淡紅梅

鎮国寺境内の、淡紅梅2分咲き、例年の開花に比較して、半月ほど早い感じですが、ぼつぼつ開花してきています。
昨日、テレビで、本堂前の、淡紅梅を、放送されていましたが、写された大木の周辺数本が、開花が進んでいるみたいで、 境内の他の淡紅梅は、テレビ画面ほど、咲いておりませんでした。
訪問の度に気が付きますが、カメラマンの数が、日に日に増えています。

境内の緋寒桜は、数輪開花が確認できるくらいで、枝垂れ桜等は、まだまだ開花の兆候はありません。

淡紅梅

淡紅梅

淡紅梅

昨日は、レフ板持ち込み、撮影雰囲気が、プロの人かなと、おぼしき、重装備の機材持ち込みの、光景を目にしました。
了解を得て、邪魔にならないように、側でしばらく、見せて戴きました。

場所の選択、アングル、構図を探るにも、妥協しません、納得するまで、色々角度を変え、とても真似できる、手順、 仕草ではありません、カメラも、見たことのない、色々の装備が、付いていて珍しいので、お願いして、フアインダーを、覗かせて戴いたり、 カメラを、いじらせて戴いたり、1枚シャッターを切らせて戴いたり、色々教えていただきました。
別れる前に、尋ねたら、A新聞OBで、写真報道部門担当していたそうで、見掛けたら、声を掛けて下さいと、気のいい初老の紳士でした。

年期の入った装備だとは言え、装備が違いすぎるし、同じ事は出来ませんが、私の古いカメラを使っての、実技をやっていただき、 新しい発見を、体験させて戴いたり、実技を見せて戴き、体験させて戴いた事は、何物にも代え難い、本当に良い勉強をさせて戴きました。
叔父さん有り難う!!感謝感謝。。。の、1日でした。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

たうん宗像

  • Author:たうん宗像
  • たうん宗像 Blog's
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

光り輝くダイア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。