スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮地岳神社の、シモクレン

ここ、宮地岳神社 自然民家村公園、合掌造り民家の中庭の、シモクレンが開花しておりました。

シモクレン

木蓮(もくれん)科、モクレン属、落葉広葉大低木、花色が印象的で、花弁の外側は、濃紫色、内側は淡紫色で、このコントラストが、 大変美しく、人気が高い花です。花は、直立して咲きますが、満開にはならず、半開程度に咲きます。花弁の長さは、凡そ10cm。

シモクレン

花心部分、同じ、モクレンの仲間の、コブシとも違いますね。

シモクレン

スポンサーサイト

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

眩しい黄色 レンギョウ

レンギョウは、早春の代表的花木で、枝一杯に、黄色い花を咲かせ、公園の、生け垣等に、広く利用され、春の景色の中に、 欠かすことができない花です。

レンギョウ

「下」 モクセイ科、レンギョウ属、落葉広葉低木、大部前に、開花一輪とUP致しましたが、
ようやく咲きました、ただ今満開です。黄色が、よく目立ち、眩しいくらいです。

レンギョウ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

春のイメージ 人気の デージー

デージーは、丈夫で耐寒性が強く、年間を、通して、見掛けられる花ですが、春先は、特に色鮮やかです。
菊科の花、特有の、花びらの多さが特徴で、

草丈、15~20cm程度、
花径は、2~3cmの、小輪から、7~8cmの、大輪があります、
花色は、白、ピンク、赤、青、紫など、多彩です。

デージー

「下」 菊科、ヒナギク属、別名 「雛菊(ひなぎく)」 「延命菊(えんめいぎく)」 「長命菊(ちょうめいぎく)」 、
と良い名前を戴いております。

花言葉 ■無意識、無邪気  青(純粋)  赤(無意識)  白(無邪気、自然の喜び)  紫 (無意識、純粋)

デージー

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ホウキ桃

「下」 ホウキ桃

桃園の中の、この、ホウキ桃は、花モモの園芸品種で、特徴は、ホウキを逆さにした感じで、枝を横に張り出しません、もっぱら、 上へ上へ、伸びる性質があり、栽培の際の専有面積を、多く必要としないのが特徴です。
この為、樹高は8m~10mくらいに高くなるのも珍しくありません。花形は、花モモと変わりなく、花色は、真紅、紅、ピンク、淡紅、 白と、多彩です。

ホウキ桃

「下」 花が木の上部のみ咲かせており、カメラを引くと、ただの木にしか見えません、 やむなく、寄って見上げる格好となってしまいました。

ホウキ桃

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ヒヤシンス

チューリップ、スイセン等と共に、秋植え球根の中で、最も、ポピュラーな花の、ひとつで、春に咲く、お馴染みの花です。
ヒアシンスの花は、大変愛らしく、かすかな、甘い香りも、素晴らしく、花と、香りが、一度に楽しめます。

ヒヤシンス

「下」 上から覗くとこんな感じ
ユリ科、ヒアシンス属、甘い微香、花色は、青、ピンク、赤、黄色等有り多彩、
草丈は20~30cm」程度、早春に太い花茎を伸ばし、小花を、穂状に、たくさんつけます。
花言葉は、「しとやかなかわいらしさ」 「初恋のひたむきさ」

ヒヤシンス

「下」 こちらは、別の花壇の、ヒヤシンス

ヒヤシンス

ヒヤシンス

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ハーブで知られている、ローズマリー

「下」 ローズマリー
ローズマリーはハーブの仲間で、良く知られており、立性と、ほふく性があり、樹高、30~150?ほどになります。
葉は、写真のように、針葉樹のように細長く、松葉牡丹と、良く似ており、強い香りが特徴です。

ローズマリ

「下」 ローズマリーの花
シソ科マンネンロウ属、大きな花ではありませんが、魅力的で、よく見掛けることの多い花で、特徴のある形をしています。
花径は、凡そ1cmくらい、花色は、ブルー系が主ですが、白色もあり、4月~5月の花期には、穂状に、たくさんの、花をつけます。

ローズマリ

ローズマリ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ホトケノザ

「下 2枚」 ホトケノザ
春先に、どこにでも見られる野草です。紫蘇(しそ)科、オドリコソウ属、花の下にある葉は、茎を包み込むようになっており、これを仏の、 蓮華座に、見立てた名前と言われています。
花は、紅紫色が、一般的ですが、白色もあるようです、一寸可愛い、特徴のある形をしています

ホトケノザ

ホトケノザ

春の七草にある、ホトケノザは、別の、野草で、タビラコのことです。

この時期、このホトケノザの他に、オオイヌノフグリ等、小さな花が、山野、畑の土手、空き地等に、たくさん見られます。
ほんの、5mmにも満たない小さな花ですが、春告げ花として、けなげに咲いております、
足下の、こんな小さな花にも、忘れずに、目を向けて上げたい気持ちです。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

クリスマスローズ

「下」 クリスマスローズ

宗像市 鎮国寺では、シャクナゲの植樹祭が3月3日に開催されました。
今回350株のシャクナゲの植樹でしたので、こんなにまとまると、相当に見応えのある、シャクナゲ園が出来ると、期待して、住職さんに、 尋ねに行ってみました。
場所を確認し、時期的には早すぎますが、見に行った、途中の、奥の院道、階段下の、山腹でクリスマスローズを見つけました。

薄陽しか当たらない、うっそうとした、山腹で、春告げ花が、けなげに、咲いておりました。

クリスマスローズ

「下」 別の花に見えますが、これも、クリスマスローズ

クリスマスローズ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

小彼岸桜開花

小彼岸桜は、エドヒガンと、マメ桜の雑種と言われ、例年4月上旬に開花し、花は、2.5cmくらいの、淡紅色、及び、 淡紅白色の花を咲かせ、花弁は5枚、ほぼ横向き、平開きし、果実は小さく、紫黒色に熟します。

小彼岸桜

「下」 ただ今、3分~4分咲き

小彼岸桜

「下」 一番咲きそろっている枝を探して撮ってきました。

小彼岸桜

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

土筆 (つくし)

「下 2枚」 土筆 (つくし)

春を代表する植物で、土から、ニョキっと、伸びた姿が、どことなく、愛嬌があります。
この時期、田圃のあぜ道や、河原、土手で、ツクシ採りの光景を良く目にします。

ツクシ

ツクシ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ヤマツバキ (紅・白)

「下」 ヤマツバキ(紅)

ツバキは、園芸品種に、つけられた名前で、野生のものを、ヤブツバキ、又は、ヤマツバキと呼ぶそうです、紅色五弁のものが普通で、 このような特徴があるようです。

 

  • 葉は柄をもち厚く光沢がある。
  • 枝先に紅色の花をつけ、横または下向きに半開する。
  • 花弁は5枚ある。
  • 雄しべは花糸の下半分が合着している。
  • 散る時は花ごと落ちる。

 

椿の花期は長く、楽しませてもらえますが、椿は、花の、傷みが早いのか、綺麗な状態で、見せて貰った試しが無く、この写真は、 割に、綺麗な状態で、撮れました。

ヤマツバキ

「下」 ヤマツバキ(白)

ヤマツバキ

アーモンドの花

「下」 アーモンドの花
ナッツで、良く知られていろ、お馴染みの、アーモンドの花は、モモや、サクラ、杏の花と、そっくりです。
分類上は、バラ科、サクラ属と、皆同じ仲間なのですね、
実の果肉は、桃の匂いと、同じ、中の種は、少し扁平に長く、皆さんの良く知っている、あのアーモンドになります。

一見、桜や、桃、杏の花と、大変良く似ております、一枚一枚の花弁が、舌状花の通り、舌状先端が、少し長く、花全体の丸みが桜、 桃ほど感じません。先端が尖っている、又は切れ込みが大きい感じで、花が大きく見えます。

アーモンド

「下」 アーモンドの実
実は、まん丸ではなく、小さい桃や、スモモのような形で、少し細長い感じです。
写真は、昨年の、5月16日撮影分です、もっと大きくなり6月中旬頃収穫です。

アーモンドの実

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

スノーフレーク

「下」 スノーフレーク
スノードロップに似ている、少し大型の、スノーフレーク(鈴蘭水仙)。
早春に、かわいい、釣鐘状の花を、下向きに咲かせます。

我が家の庭の、スノーフレークが、ようやく開花してくれました、ほんの数輪ですが、陽当たりの良い場所ですので、待ちに待って、 何とか開花しました、毎年、手入れも何にもしないのに、石積みの縁に沿って、咲きそろってくれる、何とも清楚で、愛らしい花です。

スノーフレーク・鈴蘭水仙

「下」 彼岸花(ひがんばな)科、スノーフレーク属、スズランに似た、花を咲かせるので、 スズランスイセン(鈴蘭水仙)という、和名があり、うまいネーミングを、してもらったものだと思います。
ひとつの花茎に3~4個の白花を咲かせます、花弁の先端には、緑色の、斑点があるのが特徴です。

スノーフレーク・鈴蘭水仙

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ぼけ「木瓜」の花

「下」 ぼけ「木瓜」の花
花の名前が、「ボケ」とは、少し、気の毒なネーミングをされた物だと、思います。
花径は、2cm~3cmで、花色は、白、桃、朱紅、緋紅色の他、咲き分けする品種も有るようです、
この時期必ず取り上げられる、良く知られている花です。

ぼけの花

「下」 どぎつい色で、樹高は、2m迄、枝に小さな、棘があります。 花言葉は「指導者、先駆者」
ツボミが一杯で、これから開花が進んでくるようです。

ぼけの花

「下」 こちらは、同じぼけの花でも、淡いピンク、白、黄色の多色種です。

ぼけの花

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

チューリップ 花芽・開花近し。

「下」 チューリップ 花芽・開花近し。
春を代表する球根草で、春植え球根の代表格の花です。
種類も多く、色も多彩で、花の色が、鮮やかですので、誰にでも大人気、各地で、チューリップ展等の、
イベントも、続々開催されているようです。。楽しみですね。

数ある中の、ただ、この株に、花の、花冠がチラリと見えています、

チューリップ

「下」 百合(ゆり)科、チューリップ属、草丈、30~60?、いまさら、 この花について書くことはありませんが、広い花壇に、満開になっている様は、本当に素晴らしいものです。

チューリップ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

杏の里公園 全山 杏の木 2分咲き。

杏の里公園 全山が、一面、杏の木です、満開時期は、山全体が、淡いピンク色で、覆われ、それは見事で、壮大です。 6000本の杏の木が、まとまって見られる所は、全国でも、そんなにはないでしょう。

「下」 杏の花芽、この枝でも、紅い花芽が10個前後。 他の枝もちらほら。

杏

「下」 桜では、有りません、杏の花です。
傾斜地のため、土手の、高い場所より、何とか撮ってみましたが、角度的に、これで精一杯でした、

杏の花開花

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ルリムスカリ(瑠璃ムスカリ)

「下」 ルリムスカリ(瑠璃ムスカリ)
鮮明な、青紫色が、目立つ、ヒアシンスを、小型にしたような花で、透明感のある、ブルーの、小さな花を咲かせます。
青紫、または白の、丸い鈴状の花を、総状に、たくさん付けます。
特にチューリップとの、寄せ植えは、ムスカリの青と、チューリップの、原色との、組み合わせに、人気があり、青紫の花序が、 まるでブドウの房のようにも見えることから、「グレープヒアシンス」とも呼ばれます。

ムスカリ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ヒイラギナンテン(柊南天)

「下」 ヒイラギナンテン(柊南天)

葉は、ヒイラギ(柊)の様な、トゲのある葉からと、ナンテンのような、枝振りと、実が、ナンテン(南天)に、似ていることから、 ヒイラギナンテン(柊南天)と、名付けられている様です。
南天の「難を転じる」と、ヒイラギのトゲが、厄難を、避けるということで、迷信とは言え、縁起を担ぎ、庭木としても、 良く植えらています。
葉っぱにトゲがあり、触ると痛い目に遭いますが、可愛い黄色の花を、下向きに咲かせております。

ヒイラギナンテン

宮地嶽神社、自然民家村園内、合掌造り民家の、中庭にたくさん咲いております。
花弁のように、見えるものは、顎片であり、小さいものを含めると9枚、中心部に、集まって、筒状になっているものが、花弁であり、 内側と外側をあわせて6枚、雄しべは6本あります。

ヒイラギナンテン

満開時期には、穂状花序状態で、小さな花が、びっしりと、房状に付きますので、よく目立つ花です。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

姫金魚草

「下」 姫金魚草
姫金魚草は、金魚草に似た、小さな、パステル調の、花を、花茎に、一杯につけて咲く、愛らしい感じの花です。
花色は、ピンク、白、紫、濃桃紅などがあり、多彩です、別名を、リナリアといいますが、金魚草とは、同じ、ゴマノハグサ科の、近縁の、 別の種類で、花は唇状の小型の花です。
小さな花が、群がって咲いたところは、思わず目を、引きつける、春の花壇には、欠かせない花です。

リナリア(姫金魚草)

「下」 ゴマノハグサ科リナリア属、開花時期 3月~6月、花径 1cm~2cm、 花色 ピンク、黄色、赤、白、紫

リナリア(姫金魚草)

「下」 花言葉、私の恋を知ってください、幻想

リナリア(姫金魚草)

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ハクモクレンの開花

「下」 ハクモクレンの開花
今日は、朝早くから、我が家の、庭から、鶯の、軽やかな鳴き声が、聞こえます、鳴き方も大分上手になって来ています、 春を呼ぶ嬉しい鳴き声です。
開花を心待ちにしておりました、近所のハクモクレンですが、花芽を遠くから見ると、金色に輝いて見えます、開花直前の、 金色のマントを付けた状態です。
今にもパカーッと開きそうな花芽 寄ってみると、産毛が、びっしりです。

数日置きに確認に立ち寄り、待ちに待ちました、開花は一斉に、開いてきます。

ハクモクレン

ハクモクレン

花の主は、こんなに大きな、ハクモクレンの木でした。

ハクモクレン

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

トキワマンサク(紅)・レンギョウ

「下」 トキワマンサク(紅)

トキワマンサクは、一般の、マンサクより、遅咲きですが、ぼつぼつ、開花が始まっております。
園内には、トキワマンサクの木が、大部植わっていますが、花芽の状態で、ほとんど咲いておりません。
何とか、探して、見つけた、紅花トキワマンサク、開花数輪。
黄色のトキワマンサクは、まだ硬いツボミ状態でした。

トキワマンサク(紅)

「下」 レンギョウの花

早春に咲く春の代表的な花木です、葉が、広がる前に、クリームイエローの花を、枝一杯に咲かせますが、本日の所、 ただ一輪この花が咲いておりました。

レンギョウ

「下」 レンギョウの花芽

園内の、野球場サイドの、傾斜地に、たくさん植わっていますが、この状態で、開花には、今少しです。

レンギョウ

花モモ

「下」 花モモ

おなじみの桃の花は、果樹用の桃、観賞用の桃、何れも、大変綺麗で、大輪の花を咲かせます。
3月3日の「桃の節句(ひなまつり)」に、桃の花を、添えますが、この前後に、咲く、早咲きと、遅咲きがあります。
桃の香りは、大変すばらしく、また、熟した果実は、本当に美味しい物です。
本日の花は、観賞用の、はな桃で、花の美しさは、中でも一段と映える、大輪の花で、ただ今満開。

花モモ

「下」 観賞用に、改良された、園芸品種のはな桃は、主に八重咲きの品種が多く、他に、白、 ピンク、緋紅色などのほか、紅白に、咲き分ける品種もある様です。
この品種で、八重桜の、1.5倍くらい有る、大輪です。

花モモ

「下」 純白で、何れも樹高は、3~4mと大きくなります。バラ科、サクラ属、落葉小高木。

花モモ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

土佐ミズキ開花

「下」 土佐ミズキ開花

マンサク科の花木で、結構大きくなります、この木も、3mくらいは有りそうです。
寒の戻りは有りましたが、暖冬のお陰で、開花直前です、開花すると、小さな、黄色い、釣鐘型の花を、房状に咲かせ、可愛い、 春告げ花として、親しまれております。

花芽が、芽吹き初めました、ここからが、なかなか開花してくれません、花冠の形状が、解る感じ程度に、成長しています、 数日中には開花しそうです。

土佐ミズキ

「下」 やっと、開花です、細い枝に、房状に、つり下がった感じの咲き方をしています、赤っぽく見えるのは、雄しべ

土佐ミズキ

「下」 完全に、開いておりませんので、豪勢さは感じませんが、色が原色ですのでよく目立ちます。日向ミズキと比べると、 木の株本体、花共に大きく、一房の、花の数が、多いのが特徴です。

土佐ミズキ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ユキヤナギ 開花

「下」 ユキヤナギが、開花しています。

例年4月初旬に、見かける、日本原産の花木です、ひとつ、ひとつの、花冠は、5~7mmと小さいですが、花付きがすばらしく、 満開のときには、その名前の、示すとおりの、風情をかもし出してくれます。
垂れた枝に、まさに雪のような、極小輪の、5弁の、白花を、びっしりと咲かせ、その様子は、雪柳の、名前そのものです。

ユキヤナギ

「下」 まだまだパラパラの開花
満開時期は、株全体が、雪をかぶったみたいな風情です、ここは、公園の、遊歩道沿いにズラーッと植わっていますので、 それは豪勢に見えます。

ユキヤナギ

「下」 寄ってみると、こんな変な花弁(?)発見
花心部に、小さな、花弁らしき物があり、何なのかが、解りませんが、撮影中は気が付きませんでした。
花言葉は 愛嬌(あいきょう)。

ユキヤナギ

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

三つ又の花

「下」 三つ又の、開花直後の花
例年3月に入ると、黄橙色のドーム状の花を咲かせますますが、本日は花序の周辺部の、一部が開花していましたので、撮ってきました。
分岐する枝の箇所が、3つに分岐する特徴から、名前の由来となっております。
この木の、樹皮は、上質の繊維質を持ち、 繊維が長く、丈夫で、しわになりにくく、虫害にも強く、1万円札などの、紙幣や、証紙など、 重要な書類に使われる、 和紙の原料になる木です。

三つ又

「下」 花の、満開時は、丸くドーム状の復散花序の、付き方を致します
三ツ又の和紙は、コウゾに比べて、なめらかな仕上がりで、折り曲げや、水に強いため、今でも、特に、紙幣の原料とするために、 栽培されている様です。

三つ又

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

グローバルアリーナのストック

「下」 グローバルアリーナでは、ストックの他に、デージー、クリスマローズ、パンジー、桜草と、春の花を楽しめます。
写真は、イングリッシュガーデンの、ストック。

ストック

「下 2枚」 ベーカリー、コーヒーショップ前の、ストック。

ストック

ストック

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

甘~い香り、沈丁花

「下」 沈丁花

「春の香の便りは、梅から始まり、沈丁花と・・・夏はクチナシ・・・秋は金木犀」で、香りの便りに、上げられる沈丁花は、とても、 甘い感じの、香り高い、早春の花木として、知られております。
香りは沈香(じんこう)と言う、香りに似ており、葉の形が、丁子(ちょうじ)という植物に、似ているところから、「沈丁花」と、 名付けられた様です。

沈丁花

「下」 少し寄ってみました 良い香りです。花言葉は「栄光」。

沈丁花

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

宮地嶽神社の寒緋桜満開

「下」 宮地嶽神社の寒緋桜満開

昨年3月19日に開かれた、野点は、本年は、3月4日 10:00~開催されました。
満開時期は、それはそれは豪華で、ピンクの森みたいになり、地域では、開運の桜として、有名な桜の木です。

寒緋桜

緋寒桜

野点、巫女さんの舞い

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

水仙(テータテート)

「下」 水仙(テータテート)
スイセンの仲間の、ラッパ水仙、花の内側にある、副花冠が、ラッパのように長く広がっているのが特徴です。

スイセン

「下」  日本水仙と違って、花のうつむく姿は、何ともしおらしく、愛らしいさを、 かもし出す、春告げ花です。

スイセン

テーマ : ■お花が好き♪
ジャンル : 趣味・実用

早咲きの梅は終わっても、まだまだ、梅満開

「下」 早咲きの梅は終わっても、まだまだ、梅満開
運動公園の外周道路沿いに、咲いている梅です、ただ今満開。

梅

「下 2枚」 開花時期、花弁の色、グラデーション具合、透明性、花弁の開き具合から、杏性の梅に見えます。豊後???

梅

テーマ : ■お花が好き♪
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

たうん宗像

  • Author:たうん宗像
  • たうん宗像 Blog's
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

光り輝くダイア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。