スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待宵草 (まつよいぐさ)/月見草

待宵草 (まつよいぐさ)/月見草
待宵草、別名、「月見草(つきみそう)」の名で呼ばれ、良く知られている花です。
月見草類は、夕方、開花し、朝には、しぼむ、一夜花が多いです、
鮮明な、黄色で、おしべは、8本、 夕方から朝まできれいに咲いていますが、午後にはしぼんで赤くなる。
7~10月の間咲き、日当たりのよい、道端等の、乾燥した場所に生え、
月夜や夕方に、この花が集団で、浮かび上がって見える光景は、何とも、風情があります。
昔は、どこの片田舎でも見られた光景を思い出します。

待宵草

赤花(あかばな)科、マツヨイグサ属、北アメリカ原産 、多年草
開花時期 7月~10月、草丈 Max 1.5m、花径 約3cm、花色 黄色、花言葉 ほのかな恋、移り気、浴後の美人

昔からこの花は良く知られていますが、

  • 黄色い、花を、咲かせる花を、「待宵草」、
  • 白い花を咲かせる方を 「月見草」、
  • 赤い花を咲かせる花を、夕化粧(ユウゲショウ)などと呼んで区別しています、

月見草を見る機会が、ほとんどなくなり、現在は待宵草と、月見草を同じ扱いをしているとの事です。
分類上は、きわめて近い種類では有っても、厳密には違う花の様です。

 

待宵草

スポンサーサイト

テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

tag : 待宵草 月見草

風船唐綿

風船の様な大きな実を持つ風船唐綿が、白い小さな星型の花を咲かせております、
和名 「ふうせんだまのき」と呼ばれ、花よりも、実の方が知られていますが、花もしっとりしています。
撮影時は、蟻が密を舐めに集まっているようで、群がっていました。

風船唐綿は、これから先、初冬に掛け、丸い袋状の表面に、柔らかいトゲを持った実が実り、
その実が熟れると、パチンと弾け、中の白い繊毛状の、羽をつけた黒い種が、
タンポポとか、唐綿のように、優雅に風に乗って旅立ちます。


風船唐綿

 

科  名 : 蘿いも(ががいも)科 属  名 : フウセントウワタ属 原  産 : 南アフリカ
植物分類 : 常緑小低木 樹高・草丈 : Max 2~3m 開花時期 : 8月~9月
花  色 : 淡緑白色(花)、
: 黄緑(実)
花径・房径 : 約 10mm 花 言 葉 : 多忙、かくされた能力
撮影月日 : 2008.9.14 撮影場所 : 宗像市内



  • 和名 ふうせんだまのき、
  • 風船のように膨らむ植物として、風船カズラと共に、知られております、
  • 花よりも、特徴の有る実の方が、知名度が高いかもと思います、
  • 高さはそれほど大きくなくMax 3m位、
  • 葉は、線状、対生します、
  • 星型の白い花を咲かせますがあまり目立ちません、
  • 晩秋には球状の実が熟し表面にはやわらかい棘が生えています、
  • 実は初冬に熟し弾けて白い綿毛のある種子が飛び出します、
  • タンポポの様に風に乗って飛んでいきます。

 

「下」 フウセントウワタ(風船唐綿)の花 白い小さな、星型の花を、咲かせます。
花のヒダの部分に黒く見えるのは、蟻でヒダの奥まで入り込み密を舐めており、何匹も群がっています。

風船唐綿

「下」 フウセントウワタ(風船唐綿)の実
テニスボールに近い袋状で、表面に柔らかい、棘のある、変わった形の、実が成長いたします。
この、棘を持つ、丸い実は、晩秋になると、熟れて割れ、
中の白い繊毛状の羽をつけた黒い種が、弾けて、風で飛ばされてゆきます。
撮影 2007.12.15

風船唐綿の実

「下」 風船唐綿の実が熟れてパチンと弾けると、中から黒い種を抱いた繊毛の羽をつけた黒い種が現れます。
この繊毛は、タンポポと同じように、風に吹かれてふわりふわりと優雅に風に乗って飛んでいきます。
撮影 2008.1.5

風船唐綿の繊毛

テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

tag : 風船唐綿

薔薇

暑かった今年の夏も、最近の夕立や、前線通過時のカミナリとドカ雨で、すっかり初秋の香りです。
秋の薔薇シーズンも近く、シーズン前の薔薇をいくつか撮ってきました。

薔薇(アンジェラ)

薔薇(アンジェラ)

下3枚 薔薇 品種不明

薔薇

薔薇

薔薇

撮影 宗像市内

テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

tag : 薔薇

ホオズキ

ホオズキ
宗像市大穂 宗生寺近くの民家で見つけたホオズキ、数多く植わってはいますが、柵があり、
おまけに白い紐を張っているため、なるべく写真に入らないようにとしましたが、紐だけは避けられません。

ホオズキって、こんな漢字を書くのですね、「鬼灯」

ホオズキ

茄子(なす)科、ホオズキ
花は、約 2cm位の白色5弁花で、花の後に蕚が大きくなり果実を包んで袋状になり、7月~8月頃、橙色に色づきます、
実はこの中にあり、外側と同じオレンジ色のまん丸い実です、
子供の頃、この実の中身を掻き出して皮だけにし、口に含んで鳴らしていたのを思い出します。

ホオズキ

テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

tag : ホオズキ

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

たうん宗像

  • Author:たうん宗像
  • たうん宗像 Blog's
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

光り輝くダイア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。