スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗闇のホタル・撮影奮闘記

暗闇のホタル・撮影奮闘記

「下 二題」 ホタルの光道、光芒の撮影、試行錯誤の経過。
ホタルの飛翔光道の写真としては、失敗作で、昼間の感じになりました、暗闇からの、神秘なささやきからは、ほど遠く失敗作です。
銀塩フイルムカメラ使用、フイルムASA-400、絞り解放、シャターBモード 1分。

ホタルの光芒

ホタルの光芒

「下」 昨日の撮影。

ホタルの光芒

今年は、撮影場所を変えず、構図を、固定して、撮ることで、勉強してみることにしました。
現場では、ついつい、撮るのに、夢中になり、設定を、色々変えるのも煩わしく、暗闇では、設定変更のツマミ操作は難しく、 どう設定したか、どだい覚え切れず、ただ混乱するだけですから、毎日、設定を変更して、その日は、良くても、悪くても、設定を変えず、 撮影を繰り返しました。
なるほど、大部判ってきました、やはり、素人は、試行錯誤の、場数を踏むことは、大事なことです。

上二枚のような、昼間のような写真は、一つだけ、はっきり言えることは、
「1」 陽が落ちた時間帯とは言え、まだまだ、薄暮状態が、残っている場合、
「2」 月明かりが、明るすぎる状態です、
「3」 ホタルスポットでは、照明施設が整っている場所があり、結構明るい場合です。

陽が完全に落ちて、暗闇に、なりきってしまえば、露出時間、30秒も、1分、2分、数分位でも、大丈夫です。
長くするか、多重露出すれば、ホタルが、カメラ視野に、入ってくれますので、ホタル個体数も増えます、その辺は、狙いを、各自決めて、 設定していけばよいようです。
当地では、夜7:30頃より、ホタルの、点滅は見られますが、あわてないことです、8:00でも、若干、薄暮状態は、残っており、8: 20以降になれば、この心配は大丈夫のようで、丁度、ホタルの、飛翔状態もピークを迎える時間帯です。

まだまだ、理解しきれていませんので、色々、トライしてみたいと思います、
私レベルの、素人の方に、私の、経験が、生かされてくれればとの、思いで、UPしていますので、専門の方からは、 笑われるかも知れませんが、割り引いて、ご笑納下さい。

スポンサーサイト

テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

癒されますね!!

ホタルの、飛翔光道の撮影、大部狙い通り撮れるようになりましたが、なかなか、自然は、人間の都合の良いようには、付き合ってくれません。

12日(月)が、満月で、月の出が、早かったため、それまでは、撮影には、良くありませんでしたが、今日以降は、22:10以降と、月の出が、遅くなって来ますので、だんだん、撮影には、良い条件になるはずです。

ホタルが、飛んで来てくれる分は、優しく、見守って上げれば、良いですよ。
追っかけ回したり、懐中電灯を、照らし回したり、大きな声で騒いだり、自然に優しくない行動を、平気で、やる人がいますので、モラルを、わきまえて欲しいと思うことも時々見かけます。

折角の自然が、癒しの空間を、提供してくれていますので、自然を大切に、愉しませていただきたいと思います。

ホタルの飛翔光道の写真!!

撮れてますね~^^
よいな~!!

わたしには、ムリでしたっ。

ホタルの光って、癒されます ね~^^
(あ!飛んできたホタルを手のひらにのせちゃった(^^;)
ルル。
ほんとは、しないほうがいいんだよね~!でもでも、
すぐ逃がしました~!!!)
では、また^^
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たうん宗像

  • Author:たうん宗像
  • たうん宗像 Blog's
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

光り輝くダイア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。