スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有明海沿岸の紅葉 シチメンソウ(七面草)

海岸の紅葉 シチメンソウ(七面草)

シチメンソウ(七面草)は、塩生植物で、塩分の濃い海水にも耐えて育ちます。分布は珍しく、国内では、有明海(佐賀・ 長崎県)沿岸と、北九州市から大分県北部の海岸に限られるようです。
名前の由来は、葉の、色が、 赤→緑→赤 と、変わるのを、七面鳥の、顔色変化に準えられたようです。

  • 科  名 : アカザ科
  • 属  名 : シチメンソウ(マツナ属)
  • 原  産 : 九州北部、朝鮮半島、中国
  • 性  状 : 塩生植物、1年草
  • 花  色 : 紅葉色
  • 開花時期 : 8月~9月
  • 花径・房径 : 2mm~3mm
  • 樹高・草丈 : Max 50cm
  • 撮影月日 : H18.11.9
  • 撮影場所 : 佐賀県 東与賀海岸、シチメンソウの里 干潟よか公園
 

久留米市の、親戚でお祝い事で、一泊泊まりで訪問、ついでに、シチメンソウの里に、行って来ました。
訪問時間が、丁度、干潮時間帯で、潮が引いている時間帯でしたので、運良く、群生地まで、近づけました。群落地は、 佐賀市の郊外の、東与賀海岸の、有明海です、コンクリートの、歩道と、捨て石で、囲まれた、幅約10m~20m、 長さ約1600mの広大な場所です。一面にシチメンソウが茂っていました。写真では、とても入り切れません。

「下」 有明海に、面した「干潟よか公園」に、シチメンソウの自生地があります。シチメンソウ(七面草) の群落は、堤防上の、展望台から見ても、どこまで続いているのか、果てしなく見えますが、公園管理エリアとしては、1. 6kmと説明板に表記されておりました。

紅葉の、シチメンソウ群落

「下」 シチメンソウ(七面草)は、一月に発芽し、三月頃に、淡紅色の、本葉が伸びてきます、5月頃、 成熟した一次葉は淡紅緑色、8月~9月頃、淡紅緑色の、2次葉が派生、開花します、11月頃から紅葉し始めます。 運良く、紅葉時期に、訪問いたしました。

紅葉の、シチメンソウ群落

「下」 説明板の受け売りですが、松葉みたいな、棍棒状の、葉の太さは、約2mm、長さ、10mmくらい、 茎の根元にくっついて見えるのが、どうも、胞果と言われる見たいで、雌しべの柱頭の、解説もありましたが、 私の写真では、どれがどうなのかは、一寸判らないようです。

紅葉の、シチメンソウ群落

 

紅葉の、シチメンソウ群落、有明海のムツゴロウもうようよ、左の海面が、有明海 紅葉の、シチメンソウ群は、落晩秋の風物詩、ウイークデイというのに、 観光客も多かった 人と干潟が作る自然の青空・シチメンソウの里、干潟よか公園、 名物のムツゴロウさんの噴水
紅葉の、シチメンソウ群落、有明海のムツゴロウもうようよ 紅葉の、シチメンソウ群は、落晩秋の風物詩 人と干潟が作る自然の青空美術館

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

たうん宗像

  • Author:たうん宗像
  • たうん宗像 Blog's
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

光り輝くダイア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。