スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプーン咲き(風車咲き)のオステオスペルマム

スプーン咲き(風車咲き)のオステオスペルマム

オステオスペルマムの花は、スプーン咲き(風車咲き)が、特徴の花です。
スプーン咲き(風車咲き)とは、花弁の、一枚一枚の、中央部が、筒状弁となり、花の先端部分が、スプーン状に、広がっている咲き方をします。
風車だとか、線香花火、手裏剣を、思い出させるような感じの、大変珍しい花です。

 

  • 科  名 : 菊科
  • 属  名 : オステオスペルマム属
  • 原  産 : 南アフリカ
  • 性  状 : 多年草、半耐寒性
  • 花  色 : 白色、ピンク、紫色、青色、黄色など
  • 開花時期 : 4月~5月
  • 花径・房径 : 4cm~5cm、スプーン咲き(風車咲き)
  • 樹高・草丈 : 30cm~40cm
  • 花 言 葉 : 無邪気、ほのかな喜び
  • 撮影月日 : 2006.11.13
  • 撮影場所 : 宗像市 庄助ふる里村園内
 

一年前にも、この花を撮影していました、名前が判らず、お蔵入りさせていました。
この花の名前を、Web上でも、色々調べて来ましたが、肝心の特徴である、花弁が、花芯より、パイプ状に、 丸まっている特徴を、記述している、図鑑、HPが見あたりません。
過日、Blog(mission4:赤いひまわり さんのBlog)で、運良く記事を見つけ、この花の名前が、 オステオスペルマムと判明いたしました、嬉しかったですね、、、そこで今年の、最新の写真を撮って参りました。

「下」 ピンクや紫色、白色や青色、黄色などの花を咲かせます、日中に開き、夜間や曇天の日には閉じます。
気温が、高いと、咲き方が、普通の花弁状態になり、普通の花と、見分けが付かなくなるみたいです、検索で、 何度もこの花を見てはいたのですが、普通の咲き方なので、全く判りませんでした。
でも心配いりません、気温が落ち着いてくると、この花の特徴である、スプーン咲き(風車咲き)に、戻るとの事で、安心です。

本日撮った分は、花芯から、スプーンの、パイプ状の部分が、中央部だけですが、上手く撮れば、花心部分より、 花弁先端まで、丸パイプスプーン咲き(風車咲き)になり、大変すてきな形状を、かもし出してくれます。
スプーン咲き(風車咲き)の、丸パイプ部分が、不十分ですが、大方の感じは掴めていただけたのではと存じます。

オステオスペルマム

「下」 これは、同じ園内の別の場所の花です、高温期になると、花弁が普通の咲き方に戻ることがあるらしく、 ほとんどの資料では、この状態の花の写真でした。
花弁のエッジの部分が、少しカールが残っていますが、普通に咲いている状態の花です。

オステオスペルマム

本日は、曇天模様で、お昼の時間帯に、撮影いたしましたが、少し、特徴のある性質で、興味がありますので、
開花時期の関係か、お天気の勢か、一日の内のどの時間帯がそうなのか、少し観察してみようと思います

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

たうん宗像

  • Author:たうん宗像
  • たうん宗像 Blog's
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

光り輝くダイア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。