スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ場を賑わすアブチロン(チロリアンランプ)

キャンプ場を賑わすアブチロン(チロリアンランプ)

散歩コースの一つ、八所宮で、今日は、天気も良く、気分転換を狙って、滅多に立ち入らない、キャンプ場の側まで、行ってみました、 お陰で、今まで気が付かなかった、アプチロンの木が、斜面一面に、植わっているのを発見、しかも、アプチロン、 アブチロン レッドアップル、アブチロン イエローの、3種類の木が、一カ所で、見られる場所があったとは、見落としていました、 良い発見をし、今日は、なにか、良い日に、なりそうな感じがします。

アブチロンは、熱帯や、亜熱帯原産で、トロピカルな、花色が、印象的な植物です。アブチロンには、 つる状のものと立ち性のものがあるとかいてありますが、写真の木は、すべて立木のようでした。

「下」 別名 アプチロン、チロリアンランプとも呼ばれ、なんと可愛い名前を、戴いた物です。
境内、御手洗池の周辺で、その名の通り、愛らしい花を、次々と咲かせており、株も随分ありました。この場所には、アブチロン種と、 アブチロン レッドアップルが、同居しており、珍しい光景でした。

アブチロン

 

浮釣木(うきつりぼく)
御手洗池の側の、別名 アプチロン、チロリアンランプとも呼ばれる可愛い花。
境内奥の、キャンプ場西側の斜面の、アブチロン レッドアップル、アブチロン イエローの株、斜面に一杯です。 奥に見えているのが、キャンプ場炊事場。
アブチロン アブチロン

 

「下」 アブチロン レッドアップル
赤、黄、白、橙、紅紫と、様々な色があり、花弁に、濃い葉脈が目立つ、特徴を持っています。何れも、下向きに、花を咲かせますので、 花心部を覗くのは、窮屈な姿勢が必要です。

アブチロン

「下」 アブチロン イエロー
ここの、このアブチロン種は、花弁を、一杯に開かない種類らしく、お椀を下向きに伏せ、半開きのように見える、開き方をしていました。 花は、 葵(あおい)科の、花の特徴の、シベを持っています。

アブチロン

「撮影場所」 宗像市 八所宮境内 キャンプ場及び、御手洗池周辺  H18.12.25

スポンサーサイト

テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

たうん宗像

  • Author:たうん宗像
  • たうん宗像 Blog's
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

光り輝くダイア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。