スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒイラギナンテン(柊南天)

「下」 ヒイラギナンテン(柊南天)

葉は、ヒイラギ(柊)の様な、トゲのある葉からと、ナンテンのような、枝振りと、実が、ナンテン(南天)に、似ていることから、 ヒイラギナンテン(柊南天)と、名付けられている様です。
南天の「難を転じる」と、ヒイラギのトゲが、厄難を、避けるということで、迷信とは言え、縁起を担ぎ、庭木としても、 良く植えらています。
葉っぱにトゲがあり、触ると痛い目に遭いますが、可愛い黄色の花を、下向きに咲かせております。

ヒイラギナンテン

宮地嶽神社、自然民家村園内、合掌造り民家の、中庭にたくさん咲いております。
花弁のように、見えるものは、顎片であり、小さいものを含めると9枚、中心部に、集まって、筒状になっているものが、花弁であり、 内側と外側をあわせて6枚、雄しべは6本あります。

ヒイラギナンテン

満開時期には、穂状花序状態で、小さな花が、びっしりと、房状に付きますので、よく目立つ花です。

スポンサーサイト

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

たうん宗像

  • Author:たうん宗像
  • たうん宗像 Blog's
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

光り輝くダイア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。